オリエンタルランド、今期は3期ぶり増益狙う

入園者数増・値上げが寄与

 4月27日、オリエンタルランドによると、2017年3月期の「東京ディズニーリゾート」入園者数は3040万人を計画している。前期は3019万人だった。27日の決算会見で明らかにした。写真は都内で2011年4月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - オリエンタルランド<4661.T>は27日、2017年3月期の連結営業利益が前年比1.6%増の1091億円になるとの見通しを発表した。東京ディズニーシーの15周年イベントの効果で入園者数の増加を見込んでいるほか、3年連続で実施した値上げも寄与する。

会社計画は、トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト18人の営業利益予測の平均値1278億円を下回った。

「東京ディズニーリゾート」の入園者数は3040万人を計画しており、4期ぶりに減少した前期の3019万人よりも0.7%の増加を見込んでいる。4月15日から始まっている「東京ディズニーシー」の15周年のイベントが集客に寄与する。

また、4月から大人のワンデイパスポートを6900円から7400円に引き上げるなど、3年連続の値上げに踏み切っている。このため、ひとり当たりの売上高は1万1540円で前年比2.5%増を計画している。

利益面では、人件費や諸経費の増加があるものの、売上増で吸収する。テーマパーク事業、ホテル事業ともに増収増益を見込んでいる。

投資額は、前期の397億円に対して699億円に膨らむ。新規施設や新規アトラクションに充当する。横田明宜・常務執行役員は会見で「当面、10年くらいは年間500億円レベルの投資が続く。ゲストの満足度を上げていく」とした。

16年3月期の売上高は前年比0.2%減の4653億円、営業利益は同2.9%減の1073億円となった。2期連続の減収減益。入園者数の減について、横田常務は「チケット値上げの影響ではない」とし、「ワンス・アポン・ア・タイム」や「アナとエルサのフローズンファンタジー」が2年目を迎えたこと、夏場の猛暑と降雨などが影響したと説明している。

*内容を追加します。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT