東京ディズニー、「アナ雪」で冬も人気過熱!

絶好調続けるオリエンタルランドの秘策

オリエンタルランドは閑散期の冬でも、「アナ雪」のイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」で盛り上げる  ©disney

オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(TDR)が絶好調だ。開業30周年の記念イベントが大盛況だった2013年度の反動など何のその、クリスマスシーズンの客入りも順調で、入園客数は2013年に続く歴代2位と、高い水準で推移している。

クリスマスイベントが終わり、ファンの間では1月から開催される新イベントに注目が集まっている。2014年に超絶ヒットとなった、ディズニー映画「アナと雪の女王」のその後の世界をテーマにした「アナとエルサのフローズンファンタジー」だ。1月13日から3月20日までの2カ月間、東京ディズニーランド(TDL)で行われる。

 同イベントでは、1日2回のパレードに、映画の主人公「アナ」とその姉「エルサ」、そして雪だるまのキャラクラ―「オラフ」がパレードに初出演する。また人気を博しているシンデレラ城のナイトショー「ワンス・アポン・ア・タイム」も、アナ雪の特別バージョンがスタート。それまでは数秒だったがアナ雪シーンが、およそ約3分間へ拡充される予定で、目玉の一つだ。

ホテルの「アナ雪ルーム」はすでに満室

1日2回行われるパレード。アナとエルサはイベントのパレードでは初登場だ ©disney

ショップでは、ボールペンやメモセットなどステーショナリー、クッキーをはじめとしたお菓子など、約25種類のイベント関連グッズが発売されるほか、レストランでは、アナ雪の特別メニューも展開。さらにTDRの周囲を巡るモノレール、ディズニーリゾートラインでも、アナ雪の描かれた特別車両が運行し、イベントを盛り上げる。

映画の国内公開は3月で、すでに9カ月が経っているが、アナ雪人気はいまだに健在だ。TDRでは、11月からオリジナルのアナ雪関連グッズが投入されたが、販売は好調。パーク内では「オラフ」のファンキャップ(キャラクターがデザインされた帽子)をかぶったゲスト(入園客)も数多く目に付く。

今回のイベントに合わせて、東京ディズニーランドホテルでは、1日26室用意されたアナ雪のスペシャルルームを準備したが、イベント開催前から予約が殺到。すでに全室満室になっている。

次ページそれまで閑散期だった1~3月
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。