東京ディズニー、「アナ雪」で冬も人気過熱!

絶好調続けるオリエンタルランドの秘策

オリエンタルランドは2008年度以降、半期決算と本決算の発表時には、開催した、あるいは開催が決定したイベントを公表している。2008年4月以降、TDRにおける1~3月の長期に渡るスペシャルイベントは、開業25周年や30周年などのアニバーサリーイベントを除くと、2010年の「ディズニー・パワー・オブ・ミュージック!」(TDL)のみ。ほかにスペシャルイベントは開催されてこなかった。

レストランもアナ雪の装飾でイベントを盛り上げる  ©disney

そんな中で企画されたのが、今回のアナ雪スペシャルイベントだった。

 8月にアナ雪イベントが発表されてから、オリエンタルランド株は最高値を更新し続けるなど、右肩上がり。ある国内証券のアナリストは「アナ雪イベントへの期待も株を押し上げている大きな要因」と説明する。「冬の客数が増えれば、クリスマスからの反動減が少なくなり、準社員(アルバイト)などが平準化できる点も大きい」と指摘する。

冬季の集客の目玉として定着か

オリエンタルランドはこの2015年に続き、2016年の冬季にもアナ雪イベントを開催することを決定した。クリスマスやハロウィーンのような季節催事でないイベントが、来シーズンにも早々と決定されるのは異例で、期待の大きさを物語っている。一過性のイベントに終わらず、冬季の集客の目玉となるか要注目だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT