東京ディズニー、「アナ雪」で冬も人気過熱! 絶好調続けるオリエンタルランドの秘策

拡大
縮小

オリエンタルランドは2008年度以降、半期決算と本決算の発表時には、開催した、あるいは開催が決定したイベントを公表している。2008年4月以降、TDRにおける1~3月の長期に渡るスペシャルイベントは、開業25周年や30周年などのアニバーサリーイベントを除くと、2010年の「ディズニー・パワー・オブ・ミュージック!」(TDL)のみ。ほかにスペシャルイベントは開催されてこなかった。

レストランもアナ雪の装飾でイベントを盛り上げる  ©disney

そんな中で企画されたのが、今回のアナ雪スペシャルイベントだった。

 8月にアナ雪イベントが発表されてから、オリエンタルランド株は最高値を更新し続けるなど、右肩上がり。ある国内証券のアナリストは「アナ雪イベントへの期待も株を押し上げている大きな要因」と説明する。「冬の客数が増えれば、クリスマスからの反動減が少なくなり、準社員(アルバイト)などが平準化できる点も大きい」と指摘する。

冬季の集客の目玉として定着か

オリエンタルランドはこの2015年に続き、2016年の冬季にもアナ雪イベントを開催することを決定した。クリスマスやハロウィーンのような季節催事でないイベントが、来シーズンにも早々と決定されるのは異例で、期待の大きさを物語っている。一過性のイベントに終わらず、冬季の集客の目玉となるか要注目だ。

鈴木 良英 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

すずき よしひで / Yoshihide Suzuki

『週刊東洋経済』編集部記者

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT