言い訳だらけの「だらしない夫」への対応策

頭ごなしに怒るのは止めよう

これは少し違いますが、有名な学者や経済界の夫人が「仕事以外は何もできない夫」の話を自慢気にされるのをよく耳にします。このケースなどは世話を焼きすぎて、その様な人間にしてしまった嫌いがありますが、ハンカチや靴下も自分で用意できない人たちです。もし急に何かの事情で仕事以外のことをする段になれば、あなたの夫君以上のミスを犯す予備軍の育成に私には聞こえますが、夫人たちはむしろ嬉々としています。

私の周囲にも、毎朝の夫のパンのバターかジャムかでさえ、全部自分が知っているから決めて塗って出すという人が意外に多く、驚いています。あとは推して知るべしで、子供の世話以外にこまごまと夫の世話をし、夫には何もさせないことで喜びを見いだしている人が案外多いのですよ。

イライラを減らす学習をしよう

あなたにそのようにせよとは申しませんが、洗濯をするのも子供と公園で遊ぶのも、それができない人に比べれば、評価できることです。あなたへの言い訳や弁解も、愛情のうちです。迷惑をかけそうな人には、この人の直せない癖だと公言しておくことで理解して貰えば、気が楽になるかもしれません。

そして親の悪癖が、かえって子どもたちに真似させない反面教育になるケースは、多々あります。あなたの持っていき方次第です。

最後に、家族が失敗したときの私の母の口癖は、「次から気をつければいい」でした。そんな人に私たちは言い訳も弁解も不要でした。ミスの内容も違いますからあまり参考になりませんが、彼にだけ向けられるあなたの怖い顔に、彼はまず防御態勢になるのです。作戦の変更をお勧めします。

あまりいい解決策を助言することはできませんでしたが、大きな失敗をして本人が痛手を被るか、10年くらいすれば少しは改善するかもしれないという長いスパンで捉えることができれば、彼を睨む回数だけでも減るかもしれませんね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT