「お姫様」「王子様」願望で結婚してはいけない

不貞行為をした夫とどう向き合うべきか

「お姫様」「王子様」願望で結婚してはいけません(写真:Elnur / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

結婚20年目で、6年に及ぶ夫の不貞が発覚しました。以前、疑わしいLINEを見て大喧嘩になりました。当時は清算したと言っていたのに続いていたのです。夫は「相手のことは好きだったが深く知る必要はなかった。家庭を壊す気はない。バレたあとも、もう少し遊びたいという甘えがあった。家族に代わるものはなく、絶対に離したくはない」と言っています。
私たちには6歳の子どもがおりますので、家族としてやり直すことで合意しています。しかし夫の身も心も私から離れて今に至っているのは私の出産以来で、この不貞が原因だったことになります。その事を言うと「どうしてもそれにこだわるのか」と言うだけで、何も改善されません。
夫が私の悲しみを理解し、家族の修復も本心で願っているなら自然に戻るものだと思いますが、夫の心の乱れも、ひしひしと伝わってきます。私は子どもの前でも職場でも、嫉妬で涙が止まらない日もあり、精神に破綻をきたしそうです。しかし私にとっては長い日々でしたが事態が発覚してまだ数カ月であり、私はこれからも、静かに見守るしかないのでしょうか。
夫は相手の事はもう考えるのも嫌で連絡していないというのですが、信じて待つしかないのでしょうか。またやり直すなら、過去のことを言ってはいけないと言いますが、今後数十年言わない自信がありません。今も「チクチク言うな」と言われます。
子どもに気付かれずにやっていくことで健全に育つのであれば、何とか耐えていかなければと思っています。この苦しみに耐えられるものでしょうか。
吉田弘子(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT