セブン「井阪新体制」が船出から直面する試練

鈴木会長が新経営陣に残した言葉とは?

カリスマ・鈴木会長(右、撮影:尾形文繁)から井阪新社長(左)へ、セブン王国総帥の座のバトンタッチはすんなり進むのか

「未来から現在をとらえて、何をすべきか考えてほしい。現在の引き延ばしではなく、先見性を持つことが重要だ。そういう見方をして、これから成長してもらいたい」──。

セブン&アイ・ホールディグスの新体制が取締会で決議された4月19日。その夜、「新体制はこれでよかったのか」と質問した本誌記者に対し鈴木敏文会長は、新社長に言って聞かせるような口調で、そのように答えた。

セブン&アイは同日の取締役会で、コンビニエンスストア事業を運営するセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を、セブン&アイの社長とする人事を決めた。鈴木会長と村田紀敏社長は退任し、残る取締役は全員留任。セブン-イレブンの社長には古屋一樹副社長が昇格し、セブン&アイ取締役にも就く。5月26日の株主総会を経て、新体制が発足する。

今回は反対意見なく、全会一致で人事案承認

鈴木会長は4月7日、自らが主導した井阪氏のセブン-イレブン社長交代案が取締役会で否決されたことで、電撃引退を発表。「後継者は指名しない」と明言した。

このため15日に開かれた指名・報酬委員会では、村田社長を中心に、社外取締役の伊藤邦雄・一橋大学名誉教授と米村敏朗・元警視総監で、人事案を検討した。

19日の16時に始まった取締役会には、鈴木会長を含む15人の全取締役が出席。7日のときのような反対意見が出ることはなく、全会一致で人事案が承認された。鈴木会長はその場で「これからきちんとやってほしい」と退任のあいさつをしたという。

次ページ社長人事よりも決着がつかなかった案件とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT