米歌手プリンス死去、各地でファンが追悼

米ミネソタ州で、57歳

 4月21日、プリンスさんの死去を受け各地でファンが別れを惜しんだ。ニューヨークのアポロ劇場では、プリンスさんを追悼するメッセージが掲げられた(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[21日 ロイター] - 米音楽界のスーパースター、プリンスさん(57)の死去を受けて、ミネソタ州にあるプリンスさんの自宅を兼ねた「ペイズリー・パーク・スタジオ」などにファンが集まり、追悼の意を表した。

ファンの1人、クリスティーナ・ドゥジアックさん(44)は、「彼の音楽を聴くと鳥肌が立った」、「悲しい日になった」と語った。 同州ミネアポリス中心部のナイトクラブにも多くのファンが集まり、花束などをささげた。

ニューヨークのアポロ劇場の入り口のひさしには「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー(あなたと比べられるものなどない)」との言葉が並べられた。「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」はプリンスさんが作曲した曲のタイトルで、のちに歌手シニード・オコナーさんがカバーしてヒットした。

アポロ劇場周辺ではプリンスさんの曲が流れ、踊り出す通行人も。ファンの一人、カレン・メナーディーさん(45)は「彼は伝説的な人物だった」と述べて死を悼んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。