米歌手プリンス死去、各地でファンが追悼

米ミネソタ州で、57歳

 4月21日、プリンスさんの死去を受け各地でファンが別れを惜しんだ。ニューヨークのアポロ劇場では、プリンスさんを追悼するメッセージが掲げられた(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[21日 ロイター] - 米音楽界のスーパースター、プリンスさん(57)の死去を受けて、ミネソタ州にあるプリンスさんの自宅を兼ねた「ペイズリー・パーク・スタジオ」などにファンが集まり、追悼の意を表した。

ファンの1人、クリスティーナ・ドゥジアックさん(44)は、「彼の音楽を聴くと鳥肌が立った」、「悲しい日になった」と語った。 同州ミネアポリス中心部のナイトクラブにも多くのファンが集まり、花束などをささげた。

ニューヨークのアポロ劇場の入り口のひさしには「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー(あなたと比べられるものなどない)」との言葉が並べられた。「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」はプリンスさんが作曲した曲のタイトルで、のちに歌手シニード・オコナーさんがカバーしてヒットした。

アポロ劇場周辺ではプリンスさんの曲が流れ、踊り出す通行人も。ファンの一人、カレン・メナーディーさん(45)は「彼は伝説的な人物だった」と述べて死を悼んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT