米歌手プリンス死去、各地でファンが追悼

米ミネソタ州で、57歳

 4月21日、プリンスさんの死去を受け各地でファンが別れを惜しんだ。ニューヨークのアポロ劇場では、プリンスさんを追悼するメッセージが掲げられた(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[21日 ロイター] - 米音楽界のスーパースター、プリンスさん(57)の死去を受けて、ミネソタ州にあるプリンスさんの自宅を兼ねた「ペイズリー・パーク・スタジオ」などにファンが集まり、追悼の意を表した。

ファンの1人、クリスティーナ・ドゥジアックさん(44)は、「彼の音楽を聴くと鳥肌が立った」、「悲しい日になった」と語った。 同州ミネアポリス中心部のナイトクラブにも多くのファンが集まり、花束などをささげた。

ニューヨークのアポロ劇場の入り口のひさしには「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー(あなたと比べられるものなどない)」との言葉が並べられた。「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」はプリンスさんが作曲した曲のタイトルで、のちに歌手シニード・オコナーさんがカバーしてヒットした。

アポロ劇場周辺ではプリンスさんの曲が流れ、踊り出す通行人も。ファンの一人、カレン・メナーディーさん(45)は「彼は伝説的な人物だった」と述べて死を悼んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT