吹かぬ追い風 政権復帰への自信と不安

落選、新人候補の今

 

民主党の海江田万里、元自民党の与謝野馨の両氏が長らく争った屈指の激戦区、東京1区。千代田区や新宿区などをまたぐ同区で支部長となったのが、山田美樹氏(38)だ。経済産業省に9年間勤めた後、外資系経営コンサルタント会社など民間企業に7年間勤務し、10年秋に自民党・東京都連の公募に応募した。

与謝野氏は引退表明したものの、東京1区は長らくベテラン政治家の牙城だった。そうした選挙区事情とは別に、山田氏の政治家転身の動機は簡明だ。民間企業で感じた「官と民のギャップ」である。「民間で働き、スピード、コスト感覚、顧客視点の三つで、官との違いを実感した。行政自らその差を埋めるのは難しいが、政治の力なら変えられる」。

公募の選考では、財政再建や社会保障のニーズに応えるため、「いちばん大事なのは成長戦略」と訴えた。

民間企業での経験から、日本は税制や規制、言葉の壁のために、グローバルビジネスにおいて極めて不利な立場にあると認識している。しかし、「政治の場には、ビジネスの最前線で競争にさらされ、日本の競争力の源を実感として知っている若い人が少ない。若年世代の声を自分が届けたい」。注目の東京1区で山田氏が当選を果たせば、自民党の世代交代を印象づけるだろう。

企業城下町が広がる茨城県日立市。同市を含む茨城5区から立候補を予定しているのが、石川昭政氏(40)だ。もともとは自民党本部の職員。地元の茨城5区が民主党の支持団体、電機労連の牙城であったため、あえて「地盤・看板・カバンなし」の状況で公募に挑み、支部長に就いた。

「私の選挙区では民主党が強いが、手応えはある。(小泉ブームのときと異なり)今回はあえて野党の自民党から出馬する新人候補が増えており、本気度が違う」と語る。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。