サイバー・テロ 日米 VS.中国 土屋大洋著

サイバー・テロ 日米 VS.中国 土屋大洋著

近年、世界中で頻発するサイバー攻撃。国内でも今年6月にダウンロード違法化に抗議する「アノニマス」によって政府サイトが攻撃されるなど、その事例は枚挙にいとまがない。情報通信ネットワーク抜きでは成り立たない現代社会において、今やサイバースペースは、陸、海、空、宇宙に次ぐ第5の戦闘空間になったといわれる。米国はサイバー司令部を、中国はネット軍を新設するなど、各国が対策を講じる中で、日本の司令塔はどういう取り組みをしているのか。

政府の情報セキュリティ政策会議の一員としてサイバーセキュリティ政策を研究してきた著者が、サイバー攻撃の実態と、それに対する備えの現状を解説する。

文春新書 808円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。