サイバー・テロ 日米 VS.中国 土屋大洋著

サイバー・テロ 日米 VS.中国 土屋大洋著

近年、世界中で頻発するサイバー攻撃。国内でも今年6月にダウンロード違法化に抗議する「アノニマス」によって政府サイトが攻撃されるなど、その事例は枚挙にいとまがない。情報通信ネットワーク抜きでは成り立たない現代社会において、今やサイバースペースは、陸、海、空、宇宙に次ぐ第5の戦闘空間になったといわれる。米国はサイバー司令部を、中国はネット軍を新設するなど、各国が対策を講じる中で、日本の司令塔はどういう取り組みをしているのか。

政府の情報セキュリティ政策会議の一員としてサイバーセキュリティ政策を研究してきた著者が、サイバー攻撃の実態と、それに対する備えの現状を解説する。

文春新書 808円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。