世界経済の減速とストーリーの重要性--ロバート・J・シラー 米イェール大学経済学部教授

このモデルではすべての景気後退の原因を、「原油、金融政策、生産性、不確実さ、流動性および金融リスク、財政政策」と六つに限定。07年以降の大半の景気減速を、「不確実さと、流動性および金融リスク」の二つだけで説明している。

が、この結論を受け入れるとしても、いったい何が「不確実さ」と「流動性および金融リスク」において大きなショックを引き起こしたのか、またどの程度の信頼度をもって、そうしたショックを予想できるかという疑問が生じる。

ここ1~2年の外的な経済的ショックについて考えてみれば、その重要性の程度が予測できないストーリーが浮かび上がる。中でも圧倒的に多く語られているのが欧州危機だ。OECDの中間評価も「世界経済で最重要なリスクである」としているが、なぜ欧州危機が世界のほかの地域でそれほど重要であるべきなのか。

もちろん、貿易および金融市場のグローバル化はその一つの理由である。が、他国への影響は、市場価格の変動という直接的な影響にとどまらず、心理的な影響も及ぼすのだ。

ストーリーが引き金となった欧州危機

そこで行き着くのが、統計とはかけ離れたストーリーの重要性である。心理学者たちは、人間の思考にはナラティブ的な基盤があると強調してきた。つまり、人々はリアルな人情話に感化され、動機づけられる。たとえば、人気のあるストーリーは道徳的な意味を帯び、悪い結果は倫理感の欠如を反映したものと考える人もいる。

欧州危機は、ギリシャがメルトダウンするというストーリーから始まり、人口わずか1100万人の国の出来事が世界経済を脅かすかのように語られている。しかし、ストーリーの経済的な重要性は金銭的な価値ではなく、むしろストーリーの価値に左右される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT