48年ぶり日本開催--IMF・世銀東京総会の見どころ



 膠着状態にあった世界銀行の投票権改革も動き出す。08年10月には、(1)基礎票(現在は各国が250票ずつ保有)の倍増と、(2)アフリカの理事数の2名から3名への増員が合意された(世界銀行の途上国投票権シェアは42.6%から44.06%に拡大)。08~09年の世界金融危機がこの交渉をさらに加速化し、09年9月のG20ピッツバーグ・サミットでは、途上国全体の世界銀行投票権シェアは、少なくとも3%増加することで決まり、予定を1年繰り上げて、10年春には世界銀行で途上国への3.13%の投票権シェア移転が確定(世界銀行の途上国投票権シェア47.19%に拡大)するとともに、5年ごとに投票権を見直すことで合意された。

IMFでも10年12月に第14次一般増資とダイナミックな新興国・途上国へのさらなるシェア移転(IMFの途上国投票権シェアは44.7%に拡大)が決まった。IMFではこの合意が発効まで至っていないが、IMFは次回増資に向けてクオータ新計算式を来年1月までに決めることになっている。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT