イギリスで「パンダのふん」を詳細分析へ

謎めいた食性の解明目指す

 4月13日、スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。写真は12日撮影のメスのパンダ「甜甜(ティアン・ティアン)」(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[エディンバラ 13日 ロイター] - スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。

パンダは食べ物の好き嫌いが激しいとされているが、動物園によると、これまでの研究で60種類前後の竹を食べるほか、他の植物、菌類、動物なども食べている可能性があることが分かっている。

動物園は「すでに、ジャイアントパンダにとってすべての竹の種類が同じではないことが広く認識されている。また、食べるものの種類は、個体の状況、季節、場所によって変化している可能性がある」と述べた。

DNA鑑定など次世代技術を駆使して分析され、野生パンダの保護につなげるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT