イギリスで「パンダのふん」を詳細分析へ

謎めいた食性の解明目指す

 4月13日、スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。写真は12日撮影のメスのパンダ「甜甜(ティアン・ティアン)」(2016年 ロイター/Russell Cheyne)

[エディンバラ 13日 ロイター] - スコットランドのエディンバラにある動物園で、飼育されている英国唯一のジャイアントパンダのふんを採集し、食性を分析する研究が行われることになった。

パンダは食べ物の好き嫌いが激しいとされているが、動物園によると、これまでの研究で60種類前後の竹を食べるほか、他の植物、菌類、動物なども食べている可能性があることが分かっている。

動物園は「すでに、ジャイアントパンダにとってすべての竹の種類が同じではないことが広く認識されている。また、食べるものの種類は、個体の状況、季節、場所によって変化している可能性がある」と述べた。

DNA鑑定など次世代技術を駆使して分析され、野生パンダの保護につなげるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT