カラオケ機器大手が食中毒検査に参入するワケ

外食や加工食品などに対する消費者の安心・安全の意識が高まる中、昨年4月には北陸を地盤とする焼き肉チェーン店で、ユッケによる腸管出血性大腸菌O−157やO−111の感染による死亡事故が発生。今年8月にも、北海道の漬け物メーカーの製造した白菜浅漬けによるO−157感染で死亡事故が起きた。

食中毒の問題はそれを食べた消費者への直接被害はもちろん、関連業界全体にも風評被害をもたらす。食品メーカーや外食企業などが出荷前に、日常的に細菌検査ができる検査機器へのニーズは、消費者に対してアピールができるという点でも小さくはないと言えそうだ。

(大滝 俊一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT