新入社員研修は「学生から社会人へのマインドチェンジ」

新入社員教育の実態調査

配属までの研修期間で、業種、規模の差はない

配属までの研修期間は興味深い。中小企業ほど短い日数で配属されていると考える人が多いはずだ。確かに「1~3日」での配属は、「1001名以上」で4%にとどまり、「300名以下」では13%と多い。

しかしそれ以上の日数になると、有意な差が調査データから読み取れない。業種による差もなく、意外な結果だった。たとえば、研修期間を1カ月以内で区切って比較してみると、「1001名以上」で51%、「301名~1000名」58%、「300名以下」60%と、その差は9ポイントで、これは「1~3日」でのポイント差にほかならない。

研修期間として多いのは、「1カ月」(18%)、「2カ月」(17%)、「3~4カ月」(15%)、「2週間」(14%)といったところである。わずかではあるが、配属まで「1年超」の研修を実施する企業もある。IT系の技術研修などがその代表である。

図表4:配属までの導入研修期間

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT