iPhoneをジャック!「タテ型動画」が超新鮮だ

リリスクのPVが話題をさらっているワケ

さながら、iPhoneをめぐるUIのオンパレード。PVを見ているだけなのに、まるでウイルス感染したかのように、自分のスマートフォンがジャックされたように感じる。しかも、驚くべきことは、この撮影すべてがスマートフォンで成されたということだ。各種メディアのコメントを以下にまとめる。

まるで自分のスマートフォンがジャックされ勝手に操作されているような感覚になる、驚きのMVに仕上がっている。ーー音楽ナタリー
スマホで見れば、そのすごさがわかる。ーーハフィントンポスト日本版
前代未聞の縦型MVに、Twitterでは「RUN and RUN」がトレンド入りするほどの話題を集めている。ーーKAY-YOU

先駆者は安室奈美恵か?

だが、こうしたスマホ特化型のミュージックビデオは、日本においては安室奈美恵が先駆者だろう。ちょうど、1年前となる5月26日にYouTubeで公開された「Golden Touch」のPVは、クリエイティブ的にさらに洗練されたものとなっている。

しかし、惜しむらくは、タテ型動画になっていない。スマートフォンを一度横に倒すというワンアクションが、少々もったいなさを感じさせる。1年前だと、しょうがないのかもしれないが。

また、スマホに特化した音楽プロモーションでは、2013年にリリースされた「マヂヤミ彼女」というアプリも記憶に残っている。これは、無料ゲームで人気のカテゴリ「脱出ゲーム」の体裁をとったアプリで、スマホのUIを模したシーンもあり、「没入感」という意味では、背筋が凍るほどのものを味わえる。

あえてネタバレすると、インディーズミュージシャンのミオヤマザキ氏のプロモーションというオチだったが、当時は大きな話題となった。ただしアプリだったこともあり、その広まり方は、かなり緩やかなものだったという印象がある。

1980年のバグルス「ラジオスターの悲劇」で歌われたように、ビデオは音楽プロモーションにおいて、大きな役割を果たしてきた。だが、ネットが普及し、YouTubeをはじめ動画サービス全盛のいま、その形も大きく変わりつつある。

Written by 長田真
Image from lyrical school / RUN and RUN 特設サイト

DIGIDAY[日本版]の関連記事
「タテ型動画」の時代が到来! スマートフォン発の新しい動画視聴スタイル
ワシントン・ポスト、「タテ型動画」に未来を賭ける:スマホファーストなコンテンツ戦略
米新聞社がSnapchat「ディスカバー」に参加して学んだこと

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT