森トラスト章社長、後継に末娘を選んだ裏側

40代の伊達美和子氏、「港区の大家」を舵取り

――後継者に3人の子女の中から伊達専務を選んだ決め手は?

2人の兄は森トラストを去り、陣頭指揮を取ることになった伊達美和子氏

もともと男女年齢区別なし、やる気と能力がある者がやる、ということなんです。長男の場合は、早く独立して自分が社長でやりたいというので、のれん分けしました。次男は最初に勤めた商社でよほど懲りたのか、競争が煩わしかったようです。だから、最初は3人とも後継者になっても良かったんです。そうしたら3人に会社を分けました。

私が森ビルへ行った時も、最初から会社を分ける前提でした。親父の泰吉郎(森ビル、森トラストの創業者・故人)が社長をしていた間は、兄の稔(森ビル元会長・故人)が業務担当で、私が総務担当でした。業務担当と総務担当で意見が違うのは当たり前。仲がいいとか悪いとかじゃないんです。要するにそれはそういう担当だから。

ところが、親父がいなくなったら、同格で2人なんて無理なんですよ。不動産会社なんていくらでも会社を割れるんだから。森ビルは兄へ。(森トラストの前身である)森ビル開発と、自分で作った森ビル観光はこっち。最初からそういう前提でした。

娘の課題は財務や人事など総務系の業務

――不動産業界にはいまだ男社会という側面がありますが、そこは不安視していませんか。

全然。かえって希少価値があって、やりやすいんじゃない? しかも40代でしょ。能力がないとダメですが、能力さえ認められれば、今の経済界では有利じゃないの?

――能力のほうは社長の折り紙付きですか。

業務系のほうは認めている。もう卒業。あとは財務、人事など総務系のほうが課題ですね。そういう消極部門を含め、バランスを取るのが社長でしょ。社長は、やりもしないで勉強しろったって無理。だから社長を譲って、私がしばらく代表取締役会長をやるということです。力をつけ、対外的に信用してもらうまでには若干時間がかかる。

――伊達専務には、帝王学を伝授しましたか。

いや、しない。私も伝授されなかったし。

――若くして責任あるポストに就けて、仕事の中で覚えさせるというのは共通していますね。

ええ。非上場のオーナー会社だから、決めなきゃいけないことは多いから。経営理念として、父の泰吉郎が森ビル時代に作った17箇条というのがあって、根本的な会社のあり方として、私はそれを変えていない。娘もそれを承継している。

次ページ目玉となるプロジェクトは何か?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT