急行と各停で「マンション価格」はこうも違う

首都圏の人気5路線で徹底比較してみた

急行が停まるか、各停しか停まらないか。その違いはマンション価格にどのような影響を及ぼしているのか(写真:zafira / PIXTA)

急行が停まる駅と停まらない駅とでは、マンション価格にどのくらい違いが生じるのか――。こんな興味深いデータを、不動産コンサルティング会社のトータルブレインが作成した。

本題に入る前に、マンションを選ぶ際のポイントを押さえておきたい。同社の杉原禎之専務が指摘するのは「沿線力」「駅力」「駅近」の3点だ。

「沿線力」とは、文字どおり、沿線の魅力にほかならない。マンション選びの際は、自分が今住んでいるエリアから物件を探すケースが多い。ただし、中にはAという鉄道沿線に住んでいる人が、わざわざ別のBという沿線で物件を探す場合もある。このように、ほかの沿線からも人が集まってくる路線は「沿線力が高い」といえる。

急行停車駅のほうが「駅力」が高い?

続いて「駅力」。駅ビルが充実しているとか、近くにデパートがあるとか、さまざまな要素が挙げられるが、「急行」が停まるかどうかは非常に重要な項目だ。急行が停まる駅の近くに住んでいるほうが、朝は都心に早く着くし、夜は早く帰宅できるからである。

だとすると、急行や特急が停まる駅ほど人気が高く、マンション価格も割高になるはず。実際のところはどうだろうか。

トータルブレインでは、2013年以降に供給された駅徒歩10分圏のマンション1万9398戸について、平均坪単価(=平均販売価格÷平均専有面積)を算出した。これを駅ごとに分類したものを、急行が停まるか否かの視点でとらえ直すと、次のような傾向がわかった。

次ページ一覧表で5路線を徹底比較
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT