急行と各停で「マンション価格」はこうも違う

首都圏の人気5路線で徹底比較してみた

たとえば、京王線で特急が停まる調布の坪単価は309万円。一方、各停しか停まらない国領や布田の坪単価は、調布よりも都心に近いにもかかわらず、それぞれ236万円、208万円となっている。同じく京王線では、急行の停まる千歳烏山の坪単価は321万円だが、1つ先の仙川は268万円、2つ手前の八幡山は288万円だった。

東急東横線では、急行が停まる学芸大学の平均坪単価は385万円なのに対して、手前の祐天寺は370万円、1つ後の都立大学は327万円となっている。京浜急行では、京急蒲田の平均坪単価は286万円だが、2つ手前の大森町は217万円、1つ後ろの雑色は225万円だ。

郊外ほど急行停車駅が強い

急行が停まる駅は坪単価が高いという傾向は、郊外でさらに顕著になる。

小田急線では、町田の坪単価は222万円、相模大野の坪単価は191万円。これは、ずっと都心寄りにある百合ヶ丘の175万円、柿生の169万円よりも高い。東急田園都市線を見ても、各停しか停まらない市が尾よりも、都心から離れた急行停車駅である青葉台のほうが坪単価は高い、という逆転現象が起きている。

次ページ駅からの距離はどう影響?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT