森トラスト章社長、後継に末娘を選んだ裏側

40代の伊達美和子氏、「港区の大家」を舵取り

――森社長自身の経験で、いちばん厳しかったのはいつですか。

森ビルの時代では、50年前のオリンピックの後がピンチだった。それから、石油ショック。森トラストの時代で厳しかったのは、前身の森ビル開発の社長になったとたんですね。1993年に引き継いだ頃は、環境としては最悪でした。その年度の決算は、借金も多いし、グループ内に森ビル観光がなかったら厳しかった。

――バブル崩壊後の当時、なぜ森ビル観光のリゾート施設の業績はよかったのですか。

普通と逆で、不景気になると売れる商品だったから。それまで、保養所、研修所、体育施設みたいなものを企業が持っていたでしょう。それではカネがかかるから、森ビル観光(ラフォーレ倶楽部)の法人会員になったほうが遙かに合理的なわけ。だから、事業の多様性は大事なのです。

――森ビル時代はブレーキ役を担いましたが、森トラストでは非常に積極的だった印象があります。

森家はみんな積極的ですから、私ももともとは積極的なのです。森ビル時代にも森ビル観光を作ったけれども、森トラストの社長になってからも、一応積極的でした(笑)

――森社長が今後会長になった際の役割をどう考えますか。

私が代表取締役会長をやるのは、新社長が総務系業務に慣れて、社会的に認知される程度になるまでです。そうすれば会長として補佐する必要はない。

森ビルとは場合によっては一緒にやってもいい

――以前『週刊東洋経済』で、「私の時代ではなく次世代の経営者次第だが、お互いに事業提携する可能性もあろう」と述べていました。

いまもう、虎ノ門パストラル跡地再開発の都市計画上、伊達専務が交渉役となって実際にやっています。われわれも森ビルも、虎ノ門など港区の案件が多いから、重なることが多い。隣同士一緒にやった方がよけりゃやるってこと。会社としてとか、そういうことは意識はしていません。株の持ち合いも1999年で解消しています。当社はわずかに持っていますが、逆はありません。

――これまで、森社長は未上場と同族経営の利点を強調してきました。森ビルは辻社長になり同族経営ではなくなりましたが、これからも森トラストは同族、未上場をつづけますか。

わからない。それは次の社長が決める。

――そこも、もう任せるということですか?

うん。実質的にほとんどの株(親会社である森トラスト・ホールディングス株の66%)を持っていますから。たとえば・・・、上場するかもしれません。それは娘の考える話。私の考える話ではない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT