大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

7割近くが多いと実感している文部科学省の調査から、今春の大学卒業者のうち、卒業生に占める、安定的な雇用に就いていない者の割合が22.9%であることがわかった。この水準が多いと思う人は7割近い。就職率は改善しているもようだが、厳しい雇用環境が続いている。

文部科学省の調査によると、大学卒業者で安定的な雇用に就いていない者の占める割合が22.9%になりました。
それについてあなたはどう思いますか。


(編集部 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年9月22日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。