大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

7割近くが多いと実感している文部科学省の調査から、今春の大学卒業者のうち、卒業生に占める、安定的な雇用に就いていない者の割合が22.9%であることがわかった。この水準が多いと思う人は7割近い。就職率は改善しているもようだが、厳しい雇用環境が続いている。

文部科学省の調査によると、大学卒業者で安定的な雇用に就いていない者の占める割合が22.9%になりました。
それについてあなたはどう思いますか。


(編集部 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年9月22日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。