大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

大卒で安定的な仕事に就いていない人が22.9%。どう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

7割近くが多いと実感している文部科学省の調査から、今春の大学卒業者のうち、卒業生に占める、安定的な雇用に就いていない者の割合が22.9%であることがわかった。この水準が多いと思う人は7割近い。就職率は改善しているもようだが、厳しい雇用環境が続いている。

文部科学省の調査によると、大学卒業者で安定的な雇用に就いていない者の占める割合が22.9%になりました。
それについてあなたはどう思いますか。


(編集部 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年9月22日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT