"パラパラ長粒米"の栽培を佐賀が増やすワケ

関東から要望大!新たな特産品生み出す秘策

上段がホシユタカの米粒。下段のヒノヒカリと比べて細長い

栽培方法は一般の米と変わらないが、栽培時に倒れやすい傾向があり、実を太らせ過ぎないことが重要。ウンカなど害虫にも弱く、小まめなほ場の見回りが必要だ。

60アールで生産する木須栄作さん(36)=同市木須町=は「栽培に多少の手間がかかるし、乾燥する際もほかの米が混入しないように細心の注意を払っている」と苦労しながらも、「消費者に新たな選択肢を提案できる」とメリットを指摘。現状では単価は低めだが、「需要が増えれば、経営としても十分に成り立つ」と期待する。

同センターやJAは今年も栽培面積を増やし、管内の直売所などで一般向けにも販売していく方針。知名度アップを狙って、長粒米を使ったレシピコンテストなども計画している。

同センター技術指導担当の松熊しずのさんは「付加価値を高め、新たな特産品として育てていければ」と話す。

 佐賀新聞LIVEの関連記事
和食の鉄人監修「伊萬里牛弁当」付き観光列車
「一村逸品大賞」最高賞に伊万里グリーンカレー
北村醤油醸造「赤米」使ったみそ試作に取り組む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT