シャープ「存続」の切り札・“世界の亀山”が危ない

アイパッドの不手際 大きく尾を引く

 

亀山第1は、09年にテレビ用ラインを中国企業に売却後、アップルが1000億円を投じて「5」用の設備を投入し生まれ変わった。

アップルは3社から合わせて月2000万~2500万枚を調達する予定でいる。目下、歩留まりの観点などから、最も多く納入できるとみられるのがJDIで月1000万枚程度。次いでLGが500万~900万枚程度。これに対し、シャープは500万枚程度にとどまるとの見方がある。

亀山第1にとって9月からこの年末にかけては、千載一遇の稼ぎ時のはずである。このまま歩留まりが上がらなければ、下期に向けての新たな業績悪化要因になる。

さらに、この出遅れを速やかに挽回できなかった場合は、「5」の次、すなわち2年後に発売されるだろう「アイフォーン6」用パネルの受注獲得に重大な影響を及ぼしかねない。「6」を取り逃がした場合の、亀山第1およびシャープへの衝撃は計り知れない。

これまで亀山は「アップル依存がリスク」だと指摘され、IGZOの新規顧客開拓の必要性が指摘されてきた。ところが、ここにきて、アップルに依存できなくなるという別のリスクが浮上している。

シャープの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(前野裕香、山田雄大 =週刊東洋経済2012年9月15日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT