シャープ「存続」の切り札・“世界の亀山”が危ない

アイパッドの不手際 大きく尾を引く

 

結果、シャープが新アイパッド向けのフル操業にかかる前に、アップルは新アイパッドの減産に入った。シャープに加えサムスン向けの発注を停止し、足もとではLGがわずかに生産するのみだ。

新アイパッドの失策でアップルの機嫌を損ねたツケは大きい。当初見込んでいたパソコン「マックプロ」「マックブックエア」向けパネルの受注を、シャープは相次いで逃した。「IGZOの量産遅れをアップルが問題視したためではないか」(関係者)。

小型タブレット新機種「アイパッド ミニ」の受注もしていない。

アップルはアマゾンの電子書籍端末「キンドル」に対抗すべく、「ミニ」の価格をアイパッドの半額以下に引き下げてくるとみられる。パネルの買い取り価格もそれに準ずるため、円高でコスト競争力が弱っている亀山第2が受注するには不利だ。「シャープ側が亀山第2で生産する意味は薄いと判断し、受注を見送った可能性はある」(関係者)。とはいえ、ここ数年アップル製品の大半を受注してきたシャープにとっては不安材料であることは確かだ。

アイフォーン5でも痛恨の出遅れ

一方の亀山第1工場でも、今、別の“危機”が起きている。

アイフォーンの新機種「アイフォーン5」──。シャープはLG、ジャパンディスプレイ(JDI)と並んで、同機種向けの液晶パネルの受注を獲得。亀山第1で7月下旬から生産を開始したが、関係者によれば、競合2社に比べて歩留まりが上がりきっていないというのだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT