吉野家が高価格の「牛焼肉丼」を期間限定で投入。すき家、松屋も脱・値下げ路線にカジ切る

今回、吉野家に先行して「松屋」は7月5日から「カルビ焼肉定食」(630円)、「すき家」は8月21日から「牛トロ丼」(680円)と相次いで高価格メニューを投入しており、各社とも業績のテコ入れに必死だ。

「低価格戦略はシェア取り争い。停滞するのは当たり前だと思っていたら、まさにその通りになった」。同じ外食大手である日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸社長はそう話す。はたして牛丼大手3社は、値下げ戦略に次いで、高付加価値路線へ消費者を誘導することができるのか。相次ぐ高価格新製品の成否が注目されそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)
(牛焼肉丼の記者発表会には、ロンドン五輪フェンシング銀メダルの太田雄貴選手と、吉野家で食べて出たときにスカウトされたのが芸能界入りのきっかけという眞鍋かをりさんが登場=上写真)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT