吉野家が高価格の「牛焼肉丼」を期間限定で投入。すき家、松屋も脱・値下げ路線にカジ切る

吉野家が高価格の「牛焼肉丼」を期間限定で投入。すき家、松屋も脱・値下げ路線にカジ切る

牛丼大手の「吉野家」が、9月13日から「牛焼肉丼」を期間限定で全国発売する。

値段は1杯480円と従来の牛丼並盛り(380円)に比べ、100円高い設定となっている。会見した吉野家(吉野家ホールディングス傘下で「吉野家」を運営)の門脇純孝・専務取締役は「ボリュームを求めるお客様のニーズに合わせた」と説明する。

吉野家が480円という、牛丼としては従来にない高価格商品を出した背景には、足下で猛威を振るう食材価格の高騰がありそうだ。

現在コメの価格は放射能の風評被害なども影響して前年同期比2割ほどの高値で推移している。また牛丼に使うバラ肉(ショートプレート)も、米国産牛肉の輸入規制緩和が想定より遅れていることから、前年同期比で6割以上の高値が続いている。

こうした食材価格の高騰を背景に、牛丼大手3社の第1四半期決算は大幅な減益を強いられた。2009年から業界を席巻した期間限定値下げについても、「すき家」(ゼンショーホールディングス)は前年度の7回から今年度は現時点で1回に、「松屋」(松屋フーズ)に至っては前年度の7回から今年度はゼロにまで減らしている。

吉野家も「何度か繰り返しているうちに効果が漸減した」(門脇専務)としており、牛丼の低価格戦争は終わりを迎えようとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?