【産業天気図・精密機器】デジカメは一眼レフとコンパクトで明暗、事務機器は若干の回復へ

一方、カメラ機能が進化しているスマホの普及などによって、厳しい状況に置かれているのがコンパクト。競争激化で価格の下落もすすみ、コンパクトの比重が大きい下位メーカーは部門赤字に苦しんでいる。オリンパス、カシオ計算機が相次いで低価格帯モデルを縮小して高価格帯に集約することを発表するなど、構造改革を余儀なくされている状況だ。

デジタルカメラ全体としては、一眼レフ、ミラーレスの市場が拡大し、コンパクトの数量が減少していくという流れがしばらく続きそうだ。

これに対して、複写機、プリンターなど事務機器の市場は震災、タイ洪水からの反動増で、足元では緩やかながら成長している。ただ、先進国のオフィス向け市場は飽和しつつあり、タブレット端末の普及などによるペーパーレスの流れもあわせて、中長期的には成長が鈍化することも予想される。

このため、事務機器メーカーは、機器本体を販売やリースし、利益率の高いインクなど消耗品で儲けるというこれまでのビジネスモデルからの脱却を模索。グローバル企業の拠点全体で複合機やプリンターの印刷環境の運営を受託するMPSや、ITソリューションなど、サービス事業に力を入れている。

伸び悩む機器販売をサービス事業で補完する形で、緩やかに市場が拡大しそうだ。

(島 大輔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。