【産業天気図・精密機器】デジカメは一眼レフとコンパクトで明暗、事務機器は若干の回復へ

一方、カメラ機能が進化しているスマホの普及などによって、厳しい状況に置かれているのがコンパクト。競争激化で価格の下落もすすみ、コンパクトの比重が大きい下位メーカーは部門赤字に苦しんでいる。オリンパス、カシオ計算機が相次いで低価格帯モデルを縮小して高価格帯に集約することを発表するなど、構造改革を余儀なくされている状況だ。

デジタルカメラ全体としては、一眼レフ、ミラーレスの市場が拡大し、コンパクトの数量が減少していくという流れがしばらく続きそうだ。

これに対して、複写機、プリンターなど事務機器の市場は震災、タイ洪水からの反動増で、足元では緩やかながら成長している。ただ、先進国のオフィス向け市場は飽和しつつあり、タブレット端末の普及などによるペーパーレスの流れもあわせて、中長期的には成長が鈍化することも予想される。

このため、事務機器メーカーは、機器本体を販売やリースし、利益率の高いインクなど消耗品で儲けるというこれまでのビジネスモデルからの脱却を模索。グローバル企業の拠点全体で複合機やプリンターの印刷環境の運営を受託するMPSや、ITソリューションなど、サービス事業に力を入れている。

伸び悩む機器販売をサービス事業で補完する形で、緩やかに市場が拡大しそうだ。

(島 大輔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT