マイクロソフトのAI「テイ」がまたもや失態

修正中に「スパムツイート」

 3月30日、米マイクロソフトが開発した「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。昨年7月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[30日 ロイター] - 米マイクロソフトが開発した、ソーシャルメディア上で人間と対話する「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が30日、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。

英ガーディアン紙によると、マリフアナの代名詞である「スモーキング・クッシュ」についても言及したという。

このAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、対話を通じて賢くなる予定だった。しかし1週間前にツイートを始めたところ、人種および性差別的発言を連発したため、実験が停止されていた。

マイクロソフトによると、その後の修正作業中、テイをオフライン状態にしていたが、ツイッターのアカウントが偶然元に戻ってしまったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。