マイクロソフトのAI「テイ」がまたもや失態

修正中に「スパムツイート」

 3月30日、米マイクロソフトが開発した「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。昨年7月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[30日 ロイター] - 米マイクロソフトが開発した、ソーシャルメディア上で人間と対話する「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が30日、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。

英ガーディアン紙によると、マリフアナの代名詞である「スモーキング・クッシュ」についても言及したという。

このAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、対話を通じて賢くなる予定だった。しかし1週間前にツイートを始めたところ、人種および性差別的発言を連発したため、実験が停止されていた。

マイクロソフトによると、その後の修正作業中、テイをオフライン状態にしていたが、ツイッターのアカウントが偶然元に戻ってしまったという。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。