独断!東京一「子育てしやすい街」はどこか

自然の豊かさや子育て支援以外の視点で判断

調布市は古くから撮影所など映画産業の集積があったこともあり、映画やテレビのロケ誘致にも積極的。そこで、市にも働きかけたところ、マッピングパーティの5カ月後には市民が踊りながらAEDのある場所、利用可能時間を紹介する「調布AEDマッピングムービー」が完成。市内の飲食店、銀行や公共機関などで流されることになった。市民が踊りながら街を紹介するムービーはここ何年か数多く作られているが、そこに必要な情報を載せているのは珍しい例だろう。

子どもと大人のコミュニケーションを意識

調布企画組は、子どもと大人のコミュニケーション意識した活動を行っている

調布企画組はまた、2015年7月に地元の天神通り商店街で七夕祭りを催したほか、11月には多摩地方でも有数の古社、布多天神社で「いろどりマルシェ」と題したイベントを開催。境内でピザが焼かれ、神楽殿でファッションショーが行われる一風型破りなマルシェだったが、行ってみると子ども連れなど若い人が多いのが目についた。子どもが楽しめるバルーンアートや紙芝居、けん玉やコマなどの昔遊びのコーナーを作るなど、子育て世代が参加しやすい雰囲気だったのである。

調布企画組のメンバ―は30代から50代前半の、子育て中、子育て経験者の4人で、子どもが楽しめることはもちろん、子どもと大人のコミュニケーションを意識して活動しており、その後も地元と協力し、若い人が集まりやすいイベントを企画している。

自分たちで調布を面白くしようと最初に始めたのが「調布を面白がる会」だ

一方、結婚後に恵比寿から調布に引っ越してきた3児の父、唐品知浩氏が主催する「調布を面白がる会」は、2014年11月に始まった意見交換会だ。

「調布市は人口のうちに占める30代後半のファミリー層が高齢者よりも多い街にも関わらず、施策や行政が主導するイベントの多くはシニアをターゲットとしており、ファミリー層にはつまらないこともある。だったら、自分たちで調布を面白くしようと最初に始めたのが『調布を面白がる会』です」(唐品氏)。

次ページ「ねぶくろシネマ」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT