優秀なリーダーは部下の前で「無能」を演じる

「意図的手抜き」で部下を育てよ

であれば、もう一歩進んで、自分ができることでも苦手なふりをし、そこでは部下に助けてもらうという方法が考えられます。「無能ぶる技術」「意図的手抜きの技術」です。どこかで「さすが」と思われていれば、その上司を助けることは部下の栄誉。「ありがとう」のひとことで職場が活気づきます。

出番を独占する上司ほど厄介なものはない

宇貝の悩み③:短所だらけだけれど、これでいい?!

宇貝:先輩と話をしていると、なんだか自信が出てきました。私でもやれそうです。

中嶋:そうだよ。私なんか文字は汚い、すべてに消極的、優柔不断、創造性ゼロ。部下に指示されて動いていたようなもんだよ。君ならもっとできるよ。

宇貝:先輩は短所ばっかりですもんね(笑)。すっきりしてきました。明日からまた頑張ります。

中嶋:きっと上手くいくよ。君も部下の出番をたくさん作ることができる人だから。

宇貝:う~ん。誉められた気はしませんが……。

解説Ⅲ 出番と居場所

私たちは自分の居場所を確保できると、スポットライトの当たる出番が欲しくなります。上司や同僚に声を掛けられれば、居場所が確保でき、仕事に関心を持ってもらえば出番が来たと思えます。居場所の確保に汲々としているときは受け身になり、しっかりとした居場所があれば、能動的になります。安心とストレスのほどよいバランスが、創造性と挑戦意欲を刺激します。

いっけん優秀な管理者が、必ずしも優れた職場運営ができない原因は、自分が出番を独占し、部下の出番を作らないことにもあるようです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。