(第3回)<小林崇さん・後編>いつかツリーハウスを使って学校のようなものを作りたい

●物事には表と裏があり、毒があるから魅力

 目の前に木があって、そこにツリーハウスを作るときだけは、自分を出していたい。そこでは大人の筋書きみたいなものは、あるんだけど、なるべくないようにしていたい。  ツリーハウスを通じて、未来を担う子ども達に、僕らの頃にはあった、「学校から家に帰るまでの空気感」を味わせてあげられればいいな、と。

 ツリーハウスが好きだから、木を大切にしたいし、木がある森や自然のことも考えます。自然のよさというのは、毒があるからいいわけで、命をとられるかもしれない生き物がまだ野生でいるからいいのです。そういう、どぎついものがあるから、そうじゃないものが目立てるわけで。毒をなくして、いいとこどりをしていたら、毒にも弱くなってしまう。今は、人も親も子どもも、みんな、社会全体が無菌状態ではないけど……。僕は毒を持っていたいと思うのです。

 何事にも裏も表もあるように、ツリーハウスを作ることでも毒を隠したくはないのです。たとえば、自分が遊ぶために木に穴をあけていくのもどうなのか?といわれてしまえば、それもそうだと思うし、嘘はつきたくない。 言っていることとやっていることに、みんな無理があるから、子どもは純粋なので気がついてしまう。ゲームソフトを作っているのは子どもじゃない。そういうのを作って商売をしておいて、自然の中にいきなさいって言ったとしても、ちょっとそれは無理がある。

 だから、ツリーハウスを作るときは、嘘もつきたくないし、そのときの心に素直に、妥協もしたくない。木は一つしかないし、ニーズも一個しかない。一期一会なので、同じものは二度とない。

 今、たとえば自分の子ども達に、「法律だから」「普通だから」と、そのまま学校に進学させてよいのか、疑問に思うところがあります。教育って何だろう? 親がすること、学校がすることは何だろうと考えていると、「社会が教えてくれる教育」というものが今はない気がします。ものすごく漠然とだけど、ツリーハウスを使って学校みたいなものができればよいなと思っています。経営は嫌だけどね……(笑)。
 こうでなければいけないというものがないのがツリーハウスの世界だし、俺の生き方だから。自由な俺の生き方の象徴……それがツリーハウスなのです。切ない子ども時代を経て、30歳を過ぎてから出合ったものだけど、これに出合えた今は、とても幸せだと思っています。
(取材:田畑則子 撮影:戸澤裕司


小林崇<こばやし・たかし>
1957年静岡県生まれ。ツリーハウスクリエーター。
スタイルとデザイン、感性をコンセプトにしたツリーハウスを創作する日本のツリーハウス第一人者。
'94年、ツリーハウス建築の世界的権威ピーター・ネルソンに出会い、毎年オレゴン州で開催されるツリーハウスの国際イベント「WTC(World Treehouse Conference)」に日本から唯一参加するようになる。世界中のツリーハウスビルダーや樹木医と交流しながら、最先端の技術やデザイン、樹木学等を学び、ツリーハウス情報を共有している。
2000年、ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク(JTN)を立ち上げ、'05年には有限会社ツリーハウス・クリエーション(THC)を設立。
沖縄から北海道まで、各地の風土・樹木に適したツリーハウスの制作にあたっている。
また、東京・原宿の木造アパートを、路地裏に立つヒマラヤスギを取り囲むような空間に改装。現在は、ツリーハウスの情報を発信し、グッズ購入や飲食なども楽しめるサロン「HIDEAWAY」として運営。http://www.treehouse.co.jp/hideaway/
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT