マイナス金利で私たちの「退職金」が危ない?

止まらぬ金利低下が企業の年金運用を直撃

1月29日に日本銀行がマイナス金利導入を決定してからわずか11日後、2月9日には、10年物の国債指標銘柄利回りが債券市場でマイナス0.035%まで低下。一時浮上したものの、今は再び水面下に潜っている。

20年物利回りも15年3月末の1.13%から足元で0.46%まで下落。上場企業の2014年度の平均割引率は1.03%だったが、目下の状況から考えると2015年度はさらに低下することが必至だ。

退職給付債務の割引率は決算期末時点、3月期決算であれば3月31日当日の利回りを参考にする。つまり、ふたを開けてみるまで、影響額はわからないのだ。

業況好調でも一転減益か

割引率の低下とは、現時点で用意すべき退職給付債務が増えることを意味する。退職給付債務が膨らめば、不足する企業の年金資産を埋めるために、費用を積み増さなければならない。

割引率の変動による現在価値の見込み額と実績との差や、年金資産の期待収益率と実際の運用成果との差などを「数理計算上の差異」と呼ぶ。退職給付債務で認識される数理差異発生額と、年金資産で認識される数理差異発生額との差が「数理計算上の差異の費用処理額」(以下、数理差異の処理額)となり、販管費に計上される。

2014年度は期末にかけて株高だったことから、実際の運用収益が期待運用収益を上回る企業が多かった。このため、数理差異の処理額が利益を押し上げる方向に働いた。実際、10年間にわたり継続的に比較できる、1307社の数理差異の処理額を集計してみると、2014年度は総額4200億円と、この10年間で2番目に少ない年だった。

一方、2002~2003年度における金利低下局面では、2003年3月11日に日経平均株価が1983年以来、20年ぶりの8000円台割れとなるなど、株価が暴落。運用収益の助けがなくなり、処理総額は1兆9900億円にも上った。

次ページIFRSの企業は注意が必要
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT