鴻海、シャープの業績見通しで説明要請 週内の締結ない可能性

週内締結は不透明に

[台北/東京 16日 ロイター] - 鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>は、買収手続きを進めているシャープ<6753.T>について2015年末までの資産査定(デュー・デリジェンス)を完了したが、さらに今年1−3月期の業績見通しに関する説明を同社に求めており、契約締結は週明け以降になる見通しであることが分かった。複数の関係筋が明らかにした。

鴻海は、資産査定の過程で明らかになった債務が「適切」かどうか、シャープ側の監査法人・会計事務所の確認を待っている。シャープにも、1─3月期の業績見通しに関する説明を求めているという。関係筋は、月内には契約が締結される可能性が高いとしている。

これについて、鴻海はコメントを控えている。シャープ側の広報担当者は同日、期限は設定していないが、可能な限り早期の最終契約締結を目指しているとのコメントを発表した。

*内容を追加しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT