目指すは最北端、極寒のショートカット鉄旅

廃線をたどるバスが、吹雪の中を疾走!

かつての鉄道跡をたどるバスで、極寒の北の大地をショートカット

コートもいらない暖かい日と、「着る服を間違えた!」と思わず嘆く寒い日が交互にやってきて、やがて街が春に包まれていく。待ち焦がれていた春。それなのに、暖かくなってくるにつれ、凛とした冬が少しだけ恋しくなるのはなぜだろう。

鉄道旅の面白いところは、戻ることのない季節を気まぐれに巻き戻して追体験できたり、早送りして先取りできたりするところかもしれない。北上すれば、まだ車窓に消え残る冬が見つかるこの季節。今回は「最北端のショートカット鉄道旅」と題し、季節を少しだけ巻き戻して極寒の雪道を旅してみようと思う。

「最北端」のルートはどこだ?

この連載の過去記事はこちら

「最○」というワードに弱い。最短の鉄道路線、最長距離の普通列車、最古の車両、最高標高地点駅・・・・・・。そうした表示を見つけると嬉しくなってついカメラを向けてしまう。その中でも特に惹きつけられるのが「最北端」などの地理的な最果てワード。やっと辿り着いたという達成感と、もう先へは進めない切なさが同居し、そこにいつもと変わらない自分が立っている。不思議な感覚だ。

ところで、現在の日本で最北端をゆくショートカットはいったいどこを通るルートだろうか。少し気になって地図をなぞってみた。

「ショートカット鉄道旅」とは、駅と駅とを鉄道以外の交通手段(徒歩、バス、船など)でつなげていく鉄道旅の新たな楽しみ方だ。冬の北海道では寒すぎてさすがに徒歩移動は厳しいため、バスを使ったルートを探すことになる。今回見つけたのは以下の廃線跡を巡るバス・ルートだ。

● 旧・天北線ルート
(宗谷本線・音威子府駅~宗谷本線・稚内駅)
● 旧・深名線ルート
(函館本線・深川駅~宗谷本線・名寄駅)
● 旧・羽幌線ルート
(宗谷本線・幌延駅~留萌本線・留萌駅)
次ページ旧・天北線ルートは吹雪だった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。