ローソン・マツモトキヨシが強者連合、融合店舗の期待と不安


新業態展開のハードル

法改正前からドラッグ業界の競争は激化している。首位マツキヨでも「専門性を打ち出さなければ生き残れない」(松本南海雄会長)と危機感は強い。すでに成長著しい調剤分野に手を伸ばしており、昨年から大手の日本調剤と提携協議を進めている。

今回の選択はマツキヨにとって、業種の垣根を越えて新たな経営ノウハウを取り込む狙いがある。同社は以前から、24時間営業やFC出店などコンビニの運営手法にも関心を示していた。PB商品拡大を進めるうえでも、ローソンという新たな巨大販路を手に入れたメリットは大きい。

今後、展開する新業態は医薬品をはじめ、化粧品や弁当など両社が得意とする商材をそろえる。店舗面積は60~100坪とドラッグとコンビニの中間。2010年度中に1号店を開き、11年度に店舗数を2ケタに伸ばすシナリオだ。

ただし、慎重に出店を進めなければ、自社(両社)競合を引き起こし、既存店の収益を奪う結果になりかねない。また、「医薬品の粗利率は高いが、商品回転率が低く販売量は限られる。新業態の形で利益が出るのか」(ドラッグ業界首脳)との指摘もある。新業態の成功にはハードルが待ち受けている。

■マツモトキヨシホールディングスの業績予想はこちら

(田邉佳介、内田通夫 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT