シャープと鴻海、偶発債務で拭えぬ不信感

調印寸前で「待った」がかかった買収劇の帰趨

ゴウ氏はどこまでシャープを支配するのか(撮影:Leon Suen)

2012年の件について鴻海側の理解としては、ゴウ氏とシャープの町田勝彦相談役、片山幹雄会長(肩書はいずれも当時)で協議し、合意時の1株550円でなく(それより低い)時価で出資することに承諾した、というもの。にもかかわらず、シャープはこの出資を実行させることなく、2013年3月には共通の敵と位置づけていた韓国・サムスン電子から、1株290円で出資を受け入れている。

当時、鴻海はシャープへの提訴も検討しながら、同月にゴウ氏と奥田隆司社長(当時)が会談し、「訴訟を回避し協業を誠実に進める」と合意したことでいったん決着。が、2013年6月に奥田氏が退任、高橋興三氏が社長に就任し、奥田氏の約束した協業はまったく継続されなかった。

さらに2012年7月、ゴウ氏は個人でシャープの液晶パネル生産会社(堺ディスプレイプロダクト)に660億円出資したものの、出資後に明らかになったのは不良在庫の山だった。今回、未知の債務を発見したら、たとえ少額かつ発生可能性が低くても、警戒感をあらわにするのは当然だ。

買収決まれば鴻海が圧倒的支配

鴻海は3月初頭にシャープへ人員を派遣し、債務内容を精査している。鴻海はリストを理由に提携を断念する気は皆無だが、精査の結果次第では、出資基準の株価の引き下げを求めるかもしれない。リストに数件でも報告漏れがあれば、企業価値の評価を下方に見直す根拠になるからだ。

鴻海と買収で競った産業革新機構がシャープにつけた、1株50円の価格まで落としてきたら、「間違いなく破談になる」(銀行関係者)だろうが、そこに至らない程度の減額要請は十分ありうる。

銀行団は、シャープが3月末に期限を迎える負債5100億円の返済について、万が一調印が大幅にずれ込んでも、短期のタームローンなどで支援する方針。ただ前提はあくまでも「鴻海の買収意欲が揺らいでいない」ことだ。

買収が決まれば、鴻海はシャープ取締役の3分の2超を選任し、カネと人の両面で圧倒的な支配力を持つ。革新機構が買収合戦から降りた以上、鴻海と対等に交渉できる余地は、もはやシャープに残されていない。

「週刊東洋経済」2016年3月12日号<7日発売>「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。