山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【下】

山口はネパールの次にはアフリカでも生産したい。5年後、10年後には、欧米にも数十店の直営店をオープンさせたい。が、シルク・ドゥ・ソレイユの成功が一人ひとりのクリエーターの質の合成物であるように、グローバル化には、「第2、第3の山口絵理子」が必要になる。

「人を動かすこと、変えること、育てること。モノを作るより全然難しい。何度も失敗しました。自分があと何人いたらいいな、と思うことは、何度もありました」

山崎は楽観している。「僕は20歳の山口を見ているから。スタッフはみんな可能性の原石。どうやって可能性に気づかせ、自信を持たせるか。もっとも、山口のようなリスクを負わせていいのか、とも思うが」。

2人が迷っているのが、上場問題だ。社会貢献への世間の関心の高まりを受け、まだ売り上げ2億円のマザーハウスに証券会社が何社も上場の勧誘に来る。山崎は今のところ否定的だ。「途上国の役に立ちたい、というのは僕らの主観。自分たちが正しいと思うことをやっているだけ。だけど、マーケットは極度に客観の世界でしょう。儲けてなんぼ。客観の世界で、僕らの主観がどう評価されるのか、見えてこない」。

山口も同感だ。が、違う思いもある。「企業として独り歩きしたいし、企業として闘っていきたい。そのスタンスを示すには、上場がいちばんいいんじゃないか、とも思ったり」。

山口の思いがマーケット=資本主義を変えるのか。それとも、マーケットに“消化”されてしまうだけなのか。「山口劇場」の幕は今、上がったばかりである。=敬称略=(了)

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT