サムスン電子の09年1~6月期は半導体、液晶など需要回復、全事業で黒字化達成

韓国のサムスン電子が発表した今2009年4~6月期決算は、前09年1~3月期と比べ収益が大きく改善、営業利益では全事業で黒字化を達成した。

サムスン電子によると、売上高は32兆5100億ウォン(1ウォン=0.08円)、営業利益は2兆5200億ウォンとなった。前09年1~3月期と比べ、売上高では13%の増収、営業利益では4700億ウォンからの大幅な増益となった。

これは、半導体事業ではDRAM、NANDなどの価格が上昇したことに加え、製品・技術の差別化を図ったことで原価競争力が強まり、収益性も向上したことが大きい。さらに、液晶パネルも需要が堅調だったこと、また、携帯電話も中高機種を中心に成長したことが業績を押し上げた。

今2009年1~9月期予想は、ウォン高傾向やマーケティング費用の先行投資などが発生するものの、IT需要は前期比での改善を見込んでいる。

半導体は季節的要因による需要期にも入り、パソコン出荷量の拡大にノートパソコン向けDDR3メモリーを採用する企業も多く、サムスン電子の受注量も拡大する見通しだ。

また液晶パネルや携帯電話など他事業も堅調な見通しを掲げる。液晶パネルでは、IT向けには製品のラインアップ拡充とネットパソコンなど小型ノートパソコン向けのパネルの販売拡大、テレビも新製品など積極的な攻勢に出る計画だ。携帯電話も、今2009年どは2億台以上の販売予想を立てる。特にタッチフォンなど戦略製品の拡大を見込んでいる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。