サムスン電子の09年1~6月期は半導体、液晶など需要回復、全事業で黒字化達成

韓国のサムスン電子が発表した今2009年4~6月期決算は、前09年1~3月期と比べ収益が大きく改善、営業利益では全事業で黒字化を達成した。

サムスン電子によると、売上高は32兆5100億ウォン(1ウォン=0.08円)、営業利益は2兆5200億ウォンとなった。前09年1~3月期と比べ、売上高では13%の増収、営業利益では4700億ウォンからの大幅な増益となった。

これは、半導体事業ではDRAM、NANDなどの価格が上昇したことに加え、製品・技術の差別化を図ったことで原価競争力が強まり、収益性も向上したことが大きい。さらに、液晶パネルも需要が堅調だったこと、また、携帯電話も中高機種を中心に成長したことが業績を押し上げた。

今2009年1~9月期予想は、ウォン高傾向やマーケティング費用の先行投資などが発生するものの、IT需要は前期比での改善を見込んでいる。

半導体は季節的要因による需要期にも入り、パソコン出荷量の拡大にノートパソコン向けDDR3メモリーを採用する企業も多く、サムスン電子の受注量も拡大する見通しだ。

また液晶パネルや携帯電話など他事業も堅調な見通しを掲げる。液晶パネルでは、IT向けには製品のラインアップ拡充とネットパソコンなど小型ノートパソコン向けのパネルの販売拡大、テレビも新製品など積極的な攻勢に出る計画だ。携帯電話も、今2009年どは2億台以上の販売予想を立てる。特にタッチフォンなど戦略製品の拡大を見込んでいる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。