8割が症状改善!花粉症の根治に「新たな道」

ダニにも保険適用の「舌下免疫療法」とは?

テレビニュースで舌下免疫療法を知った女性は、千葉大学医学部附属病院耳鼻咽喉・頭頸部外科の舌下免疫専門外来を受診。ひととおりの問診と検査を受け、シダトレンを処方された。最初は2週間に1回、今は月1回のペースで通院している。

「毎朝、起きてすぐシダトレンを舌下にたらすことを習慣にしました。そのまま2分後に飲み込み、5分間はうがいも食事もできませんが、じきに慣れました。シダトレンは冷蔵庫で保管するため、旅行に行った先ではホテルの冷蔵庫に入れました」

千葉大では、これまで約60人の患者にシダトレンによる舌下免疫療法を実施してきた。教授の岡本美孝医師によると、

「重症者だけでなく、軽症者も少なくありません。12歳以上に適用なので、受験を控えた中学生も。妊娠中は花粉症の症状が悪くなりやすく、あまり薬も使えないため、その前に治そうという若い女性もいました」

15年の花粉症シーズン終了後、千葉大と関連施設でアンケートをした結果、患者の約8割で症状の改善が自覚された。鳥居薬品の調査では、治療を1年間継続できた人が9割にのぼる。

「周りの花粉症の人たちに舌下免疫療法のことを話しても、『毎日の投与はいや』『通院も面倒』と言われました。でも、私はやってよかった。今年はゴーグルもマスクもいらないかもしれません」(冒頭の女性)

舌下免疫療法は、15年からダニアレルギー用の薬も保険適用された。

ダニ用は錠剤タイプ

花粉症は、花粉飛散時期にだけ症状が現れる「季節性アレルギー」だが、ダニアレルギーは季節を問わない「通年性アレルギー性鼻炎」の代表格だ。ほこりに含まれるダニや、ダニのふんなどに反応して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが現れる。アトピー性皮膚炎やぜんそくを併発することも多い。花粉症の患者層は30~60代に多いのに対し、ダニアレルギーは子どもから20代の若者が中心だ。

保険適用された薬は液体ではなく、錠剤を舌下で溶かすタイプだが、使い方はシダトレンとほぼ同じ。国内2社の製薬会社が海外から輸入販売している。鳥居薬品の「ミティキュア」と、塩野義製薬の「アシテア」だ。

「ミティキュアは舌下に入れるとすぐ溶けます。原則として2週間かけて投与量を増やしていきます。アシテアは舌下で溶けるまで2分ほどかかりますが、3日間で投与量を増やします。両者の効果の違いはわかっていません」(岡本医師)

次ページ舌下免疫療法の薬剤費は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT