ディカプリオ、ノミネート5度目で初オスカー

「レヴェナント」で主演男優賞を受賞

2月28日、第88回米アカデミー賞の主演男優賞は「レヴェナント・蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオ(左)が初受賞した(2016年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 28日 ロイター] - 第88回米アカデミー賞の授賞式が28日、米ハリウッドで開催され、主演男優賞は「レヴェナント・蘇えりし者」(日本公開4月22日)のレオナルド・ディカプリオ(41)が初受賞した。

「レヴェナント」では、氷点下の荒野に取り残されたハンター役を熱演し、オスカー獲得が有力視されていた。

スタンディングオベーションを受けたディカプリオは受賞スピーチで「きょうの夜(に起きたこと)を当たり前のことだと思わない」とコメント。「(『レヴェナント』の)製作では、雪を見つけるのに地球の南端に行かなければならなかった。気候変動は実際起きており、今現在も起こっている」と述べ、環境問題への対応を呼び掛けた。

ディカプリオは5度目のノミネートで初のオスカー獲得。1994年に「ギルバート・グレイプ」で初めてノミネート(助演男優賞)され、その後も「アビエイター」や「ブラッド・ダイヤモンド」で主演男優賞の候補に挙がったが受賞は逃していた。

主演女優賞はインディペンデント映画「ルーム」(同4月8日)のブリー・ラーソン(26)が獲得。ラーソンにとって初めてのノミネート、受賞となった。

ラーソンは「ルーム」で息子と共に監禁された母親を演じた。受賞スピーチでは同作の製作に関わった人たちや支持してくれた人たちに感謝したいと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT