ディカプリオ、ノミネート5度目で初オスカー

「レヴェナント」で主演男優賞を受賞

2月28日、第88回米アカデミー賞の主演男優賞は「レヴェナント・蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオ(左)が初受賞した(2016年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 28日 ロイター] - 第88回米アカデミー賞の授賞式が28日、米ハリウッドで開催され、主演男優賞は「レヴェナント・蘇えりし者」(日本公開4月22日)のレオナルド・ディカプリオ(41)が初受賞した。

「レヴェナント」では、氷点下の荒野に取り残されたハンター役を熱演し、オスカー獲得が有力視されていた。

スタンディングオベーションを受けたディカプリオは受賞スピーチで「きょうの夜(に起きたこと)を当たり前のことだと思わない」とコメント。「(『レヴェナント』の)製作では、雪を見つけるのに地球の南端に行かなければならなかった。気候変動は実際起きており、今現在も起こっている」と述べ、環境問題への対応を呼び掛けた。

ディカプリオは5度目のノミネートで初のオスカー獲得。1994年に「ギルバート・グレイプ」で初めてノミネート(助演男優賞)され、その後も「アビエイター」や「ブラッド・ダイヤモンド」で主演男優賞の候補に挙がったが受賞は逃していた。

主演女優賞はインディペンデント映画「ルーム」(同4月8日)のブリー・ラーソン(26)が獲得。ラーソンにとって初めてのノミネート、受賞となった。

ラーソンは「ルーム」で息子と共に監禁された母親を演じた。受賞スピーチでは同作の製作に関わった人たちや支持してくれた人たちに感謝したいと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT