山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【上】

山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【上】

ロングセラーの『現場力を鍛える』や『見える化』を著し、早稲田大学大学院教授も兼ねる遠藤功(ローランド・ベルガー会長)は、「現場主義」の実践的研究における第一人者だ。その遠藤が激賞する。

「若かりし頃の本田宗一郎、松下幸之助も、あんなふうだったんじゃないか。強烈な主観、思いがある。ビジネスは、成功・失敗の前に、まず思いありき。彼女は、日本人が忘れてしまった主観力を持っている」

彼女、山口絵理子の思いは、発展途上国の社会を変えること、しかも、ビジネスを通して変えることだ。

3年前、24歳の山口はマザーテレサから社名を採った「マザーハウス」を設立し、アジアの最貧国、バングラデシュでジュート(黄麻)のバッグを作り始めた。世界に通用する“カワイイ”バッグ、“カワイイ”ブランドを、胸を張ってここバングラデシュから発信したい--。

といっても、バッグ作りの基礎知識は何もない。電話帳を頼りに飛び込みで生産委託先を探し、デザインを描き、型紙を起こし、工員と同じ作業テーブルでハサミを使う。究極の現場主義、手作りの起業である。

最初の“生産量”は160個。そこから始め、東京、福岡に直営販売店を5店展開。初年度300万円の売り上げが、今年は2億円を超える。収支は前期に黒字化した。普通なら、ホッと一息入れたいところだろう。山口は今、バングラに続く第2の生産地、ネパールにいる。

ネパールは今年5月、連立政権の崩壊以来、マオイスト(毛沢東主義者)と大統領派・国軍がにらみ合い、街に銃声が響いている。山口が言う。「バングラでも、非常事態宣言の下で作っていましたし。まぁ、こんなものかな、と。ビジネスを立ち上げた以上、銃撃戦があったので納期遅れます、なんて言えませんから」。

山口は「社会起業家」と呼ばれるようになっていた。そう呼ばれることに、うなずけない。いわゆるフェアトレードについても違和感がある。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。