山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【上】

山口絵理子・マザーハウス代表取締役--カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【上】

ロングセラーの『現場力を鍛える』や『見える化』を著し、早稲田大学大学院教授も兼ねる遠藤功(ローランド・ベルガー会長)は、「現場主義」の実践的研究における第一人者だ。その遠藤が激賞する。

「若かりし頃の本田宗一郎、松下幸之助も、あんなふうだったんじゃないか。強烈な主観、思いがある。ビジネスは、成功・失敗の前に、まず思いありき。彼女は、日本人が忘れてしまった主観力を持っている」

彼女、山口絵理子の思いは、発展途上国の社会を変えること、しかも、ビジネスを通して変えることだ。

3年前、24歳の山口はマザーテレサから社名を採った「マザーハウス」を設立し、アジアの最貧国、バングラデシュでジュート(黄麻)のバッグを作り始めた。世界に通用する“カワイイ”バッグ、“カワイイ”ブランドを、胸を張ってここバングラデシュから発信したい--。

といっても、バッグ作りの基礎知識は何もない。電話帳を頼りに飛び込みで生産委託先を探し、デザインを描き、型紙を起こし、工員と同じ作業テーブルでハサミを使う。究極の現場主義、手作りの起業である。

最初の“生産量”は160個。そこから始め、東京、福岡に直営販売店を5店展開。初年度300万円の売り上げが、今年は2億円を超える。収支は前期に黒字化した。普通なら、ホッと一息入れたいところだろう。山口は今、バングラに続く第2の生産地、ネパールにいる。

ネパールは今年5月、連立政権の崩壊以来、マオイスト(毛沢東主義者)と大統領派・国軍がにらみ合い、街に銃声が響いている。山口が言う。「バングラでも、非常事態宣言の下で作っていましたし。まぁ、こんなものかな、と。ビジネスを立ち上げた以上、銃撃戦があったので納期遅れます、なんて言えませんから」。

山口は「社会起業家」と呼ばれるようになっていた。そう呼ばれることに、うなずけない。いわゆるフェアトレードについても違和感がある。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT