「中学受験」どうする? 小学生の親1000人にネット調査《本当に強い中高一貫校》



 編集部とgooリサーチが小学生の子どもを持つ親1000人を対象に共同で行ったインターネットアンケートによると、私立・国立・公立合わせ、子どもに中学受験させたい親は全体の約3割で、地元公立中学への進学を希望する親の割合とほぼ拮抗。内訳を見ると、私立が中高一貫校と私大付属を合わせて16・8%と多数を占めるが、公立中高一貫校も9・3%と少なくない。

一方、地元の公立中学に行かせたい親の理由としては、「私立は学費などが高い」が約6割と断トツ。やはり、学費問題がネックとなっている。公立中高一貫校はまだ卒業生を出していないところが大半だが、仮に大学進学で高い実績を上げれば、学費の安さもあり、人気がさらに高まることは十分に予想される。

もちろん、独自の建学精神や教育内容を持つ私立には、私立なりのよさがある。子どもの性格、期待するキャリア、そして家計の余裕度合いをしっかりと吟味して、賢い学校選びをしたいものだ。

[+画像のクリックで拡大表示]

(週刊東洋経済 写真:尾形文繁)


■詳しくは、週刊東洋経済2009年6月20日号(画像クリックで内容詳細を表示)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。