「中学受験」どうする? 小学生の親1000人にネット調査《本当に強い中高一貫校》



 編集部とgooリサーチが小学生の子どもを持つ親1000人を対象に共同で行ったインターネットアンケートによると、私立・国立・公立合わせ、子どもに中学受験させたい親は全体の約3割で、地元公立中学への進学を希望する親の割合とほぼ拮抗。内訳を見ると、私立が中高一貫校と私大付属を合わせて16・8%と多数を占めるが、公立中高一貫校も9・3%と少なくない。

一方、地元の公立中学に行かせたい親の理由としては、「私立は学費などが高い」が約6割と断トツ。やはり、学費問題がネックとなっている。公立中高一貫校はまだ卒業生を出していないところが大半だが、仮に大学進学で高い実績を上げれば、学費の安さもあり、人気がさらに高まることは十分に予想される。

もちろん、独自の建学精神や教育内容を持つ私立には、私立なりのよさがある。子どもの性格、期待するキャリア、そして家計の余裕度合いをしっかりと吟味して、賢い学校選びをしたいものだ。

[+画像のクリックで拡大表示]

(週刊東洋経済 写真:尾形文繁)


■詳しくは、週刊東洋経済2009年6月20日号(画像クリックで内容詳細を表示)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT