旗印は電気自動車だが…ゴーン日産、波乱の船出

印刷
A
A

株主の深い焦燥

だが、足元ではプリウスやインサイトのような小型ハイブリッド車に押されている。総会ではこの点についても質問が集中した。「5月の国内車販売ランキングに1車種も入っていない。EVの量販体制が整うまでの3年間どうするのか」。この問いには、株主の焦りが凝縮されている。

「ハイブリッド車の市場シェアは、世界的にはたった1%。日本は新車効果もあり6%となったが、米国では2%、欧州では0・2%にすぎない。日本が例外だ」「経済が回復すれば原油価格が1バレル100ドル、150ドルになるかもしれない。そうなればガソリン車よりEVのほうが経済的にも有利」。

危機のさなかに経営放棄は許されないとも語ったゴーン社長。こうした持論に周囲を再び巻き込めるのか。すべてのステークホルダーは、今の閉塞感を打ち砕く熱狂を日産に求めている。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT