カリフォルニア超高速鉄道、実現へ向け一歩前進--資金集め、環境問題…全通までには曲折も


 米カリフォルニアを縦断する高速鉄道の建設が、実現に向け一歩を踏み出した。カリフォルニア州では昨年11月、高速鉄道実現のための99億ドルの州債券発行を有権者が承認した。
 
 この債券は、サンフランシスコ、フレズノ、アナハイム、ロサンゼルスを繋ぐ全長約1280キロメートルの弾丸列車計画の資金に使われる。実現すれば2時間40分で、サンフランシスコ、ロサンゼルス間を往来できようになる。(→計画路線図/カリフォルニア高速鉄道局委員会)

「サウスウエスト航空などの格安航空会社と競合するため、運賃は片道60ドル前後になるのでは」と、カリフォルニア高速鉄道に詳しい人物は分析する。現在、アムトラックでは路線にもよるが、約9時間から12時間かかる。

州の債券発行以外に、オバマ政権は全米の高速鉄道に80億ドル以上を投資する方針で、そのうち、カリフォルニア州がどの程度資金を引っ張れるかもカギだ。現在、カリフォルニア、フロリダ、ミズーリーなどが80億ドルの連邦政府資金をめぐって争っており、8月には結果が出る予定。

来2010年に任期を終えるシュワルツェネッガー州知事は「高速鉄道はカリフォルニアに途方もない利益をもたらす」と、成果を残すべく意気込んでいる。カリフォルニア高速鉄道局委員会のクエンティン・コップ委員長は、鉄道実現の暁には、「2010年から2020年の約10年間に鉄道工事関連で15万人の雇用が生み出される見込み」と語る。

ところで、カリフォルニア州の住人は高速鉄道に関し、どのような意見を持っているのだろうか。サンフランシスコ、サンノゼ、ロサンゼルスで、人々の声を拾ってみた。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT