「地方創生」はディズニーの仕掛け人に聞け!

人を集める「HAPPINESS」12の要件

堀の自宅には、堀が奮闘した当時のことを詳細に伝える大量の資料が残っている。今後、連載の中で少しずつお話していくが、その資料を見ると、ディズニーランド開発の実に細部に至るまで、堀は心を配っていたことがわかる。たとえば、冒頭のホーンテッドマンションについて、堀は生前、筆者にこう話してくれた。

シンデレラ城の前を歩く堀貞一郎氏

「欧米のお化けというのは日本のお化けと感覚が違います。特にホーンテッドマンションのご主人ゴースト・ホストは日頃からパーティーが大好きでみんなを自分の屋敷に招待して楽しむのがたいへん好きだった紳士です。その紳士は亡くなってもなお、人を招待したいという気持ちが地上に残って、みんなを招くことになり、愉快なお化けのショーが展開されるのです。ですから、日本人がイメージする怨念とか恨みの世界ではありません。善意の魂の世界なのです。

ところが、これを日本人の役者にやってもらうと、どうしても、おどろおどろしくなって、欧米のフィーリングにならないのです。このフィーリングが、あの声にはあるのです」と。そこまで考えて作り込まれているのが、東京ディズニーリゾートというテーマパークなのだ。

ご承じのとおり、東京ディズニーランドは、1983年4月15日にグランドオープンし、その当日は約2万人のゲストが訪れた。初年度の年間入場者数は約1000万人。その後、東京ディズニーシーも2001年9月4日にグランドオープンし、2014年は合計で約3137万人 が訪れた。大成功している数少ないテーマパークのひとつである。

東京ディズニーランドは、米国のディズニーランドをコピーしただけというイメージを持っている方も多いかもしれない。しかし、堀が残した手記によると、事実は大いに異なる。東京ディズニーランド開園まで23年もの長期におよぶプロジェクトは、千葉県を舞台とした、壮大な地方創生物語であった。今回の連載で紹介する堀の実践手法は、地方創生の事業に携わる方々にとって有益なものとなるのではないかと思う。

地方創生の第一歩は、HAPPINESS の検討から

さて、地方創生で、多くの関係者が頭を悩ませているのは「人の集め方」である。一口に人集めといっても、地方や観光地など地域全体に人が集まる場合と、イベントや商店街、アウトレットモールやお店など特定の施設に人が集まる場合など、さまざまなものがある。もっと広くいうと、学校に生徒が集まる、会社に社員が集まる、工場に行員が集まるといったものもある。

シチュエーションも目的もさまざまで、どう手をうつべきかわからないという人、自治体は多いかもしれない。しかし、「いかに人を集めるか」という命題に対して、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの経験を通じて、堀が得た大きな結論はたったひとつ。「人は HAPPINESSを求めて集まる」のだということ。つまり、人にどんなHAPPINESSを提供できるかということだ。

次ページHAPPINESS12要件のうち、3つを紹介
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT