本当の「ヒット曲」は、どこに隠れているのか

CD販売でランキングを決める時代は終わった

現在のヒット曲はCDだけでなく、多方面で楽しまれている。そこで、「さまざまな形で曲を拾い上げ、多くの人が共感できる複合チャートを作りたい。そうすれば、何十週もランクインするロングヒットの曲がニュースになったりする。また、ユーザーが関心を持ち、SNSやYouTube視聴などでアーティストを応援するようになれば、販売につながるサイクルも作れるのではないか」(磯崎氏)。

できるだけ多様なデータを反映するため、ビルボードは1月、新たにヤフー傘下の動画サービス「GYAO(ギャオ)」の視聴データを加えた。定額配信サービスにおける試聴データを提供してもらえるように各社と交渉を進めるなど、今後もデータの拡充を進める考えだ。

複合チャートは音楽業界の指針になれるのか?

業界関係者は現在のチャートをどうとらえているのか。業界のビジネスモデルに関してさまざまな情報を発信する音楽プロデューサーの山口哲一氏は、CDチャートの形骸化を指摘する。

「CD販売のチャートは、発売週の購入金額を現しているにすぎない。昔はCDチャートに登場する曲が人気曲だったが、今は違う。形骸化したランキングがユーザーの興味を減衰させている。スマホの時代になり、音楽の聴き方は変わったが、音楽業界もマスメディアも対応できていない。チャートはその象徴だ」。

アップルミュージックなどの定額配信サービスは、課金に苦労しつつも、徐々に広がり始めている

それでは、今後はどういったチャートが求められるのか。山口氏が主張するのはユーザー目線のチャートだ。「以前はマスメディアによる一方的なランキングでもよかったが、今はユーザーも発信する時代。SNSによる口コミのチャートや、実際に聴かれた再生数のチャートのほうが重要だ。年齢別、地域別といった多様なデータを取得できるようになっているし、そうしたチャートの方がユーザーの興味を喚起する」(山口氏)。

2015年はLINEミュージックやAWA、アップルミュージックなどの定額配信サービスが次々と立ち上がり、音楽業界は「定額配信元年」を迎えた。音楽の聴き方、業界のあり方が変化する中で、ヒット曲の姿、生まれ方もさらに変わっていくだろう。チャートもさまざまな形が登場するかもしれない。

現時点ではまだ認知度が低い複合チャートだが、音楽ファンをはじめ、広く注目を集めることで、業界の新たな収益サイクルを作り出すことができるのか。これから果たす役割は、決して小さくなさそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT