小型iPhone、アップルが3月15日に発表見通し

4インチ画面の「iPhone5se」が登場?

 2月12日、米アップルは3月15日、次期アイフォーンとアイパッドを公開する目標を掲げている。写真はアップルのロゴマーク。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[12日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は3月15日、次期「iPhone(アイフォーン)」「iPad(アイパッド)」モデルを公開し、同じ週の販売開始を目指している。

テクノロジー関連サイトの9to5Macが、関係筋の話を引用する形で伝えた。

同サイトによると、公開されるのは、新型のアイフォーン「5se」(4インチ)と、アイパッドAir(エア)。事前注文を受け付ける公算は小さいという。

アイフォーン5seの投入で、より大型画面の6Sや6Sプラスに買い替えることなく、高い処理速度を求める顧客のハードウェア更新を促す狙いだ。

アップルのコメントは現時点で得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT