小型iPhone、アップルが3月15日に発表見通し

4インチ画面の「iPhone5se」が登場?

 2月12日、米アップルは3月15日、次期アイフォーンとアイパッドを公開する目標を掲げている。写真はアップルのロゴマーク。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[12日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は3月15日、次期「iPhone(アイフォーン)」「iPad(アイパッド)」モデルを公開し、同じ週の販売開始を目指している。

テクノロジー関連サイトの9to5Macが、関係筋の話を引用する形で伝えた。

同サイトによると、公開されるのは、新型のアイフォーン「5se」(4インチ)と、アイパッドAir(エア)。事前注文を受け付ける公算は小さいという。

アイフォーン5seの投入で、より大型画面の6Sや6Sプラスに買い替えることなく、高い処理速度を求める顧客のハードウェア更新を促す狙いだ。

アップルのコメントは現時点で得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT