熱帯びるフィンテック、果実を得るのは誰か

ブームに落とし穴はないのか

年明けから乱高下を繰り返す日本の株式市場でも、関連銘柄は大きく値を上げた。とりわけ注目を集めるのが、未上場企業のテックビューロだ。

2015年末以降に同社と提携したインフォテリアやさくらインターネット、アイリッジは、一時軒並み株価が急騰した。SBI証券投資調査部の藤本誠之シニアマーケットアナリストは「フィンテック銘柄は、短期的に割高になっているが、中長期的に夢が持てる」と指摘する。

フィンテック銘柄は株式市場でも注目を集める

テックビューロが得意とするのは、「ブロックチェーン」(分散型の電子台帳)という技術だ。たとえば銀行振り込みは支店、本店、全銀ネット、日銀ネットとさまざまな機関が個別に持つ台帳を、一つずつ経由して決済される。

これに対しブロックチェーンでは、振り込みなどの取引情報を取りまとめ、ネットワークの参加者同士で正確性や同一性を確認した後、自社で管理する電子台帳に記録する手順を踏む。取引情報(ブロック)を電子台帳にとじ込む仕組みが、チェーンでつなげるように見えるので、ブロックチェーンと呼ばれる。

各社が集中管理している台帳を持つのに比べ、分散台帳は安全性が高く、低コストで運用できる。「(集中管理された)郵便のシステムが(サーバーによって分散管理される)電子メールに代替されるイメージに近い。データの記録方法を根本的に変える可能性がある」(野村資本市場研究所の淵田康之研究理事)。

フィンテックには政府も熱い視線を注いでいる。今通常国会で提出される銀行法の改正案には、日本の金融グループが金融関連IT企業などへ出資しやすくする内容が盛り込まれる予定だ。

金融庁は15年12月、ベンチャー企業などから相談を受ける、「フィンテックサポートデスク」を設置。経済産業省も15年10月から経営者や有識者らを招いた研究会を行っている。

次ページフィンテックへの熱狂はこのまま続くのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング