三菱重工が今期業績予想を下方修正 

客船事業損失拡大で最終減益に

三菱重工業は、2016年3月期通期の連結業績予想を下方修正した。写真は同社都内本店で2012年12月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao )

[東京 4日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>は4日、2016年3月期通期の連結業績予想を下方修正した。売上高、営業利益いずれも従来予想を引き下げ、純利益は増益予想から一転、減益となる見込み。

大型客船の建造遅延に伴う特別損失が膨らんだことが響く。

通期純利益予想は前期比18.5%減の900億円に引き下げた。従来は同17.7%増の1300億円を見込んでいた。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト18人の純利益の予測平均値は1449億円で、会社側の修正予想はこれを下回る。

客船事業をめぐっては、11年11月に受注した大型客船の建造プロジェクトが難航。15年10―12月期に同事業関連損失として追加計上した特別損失は221億円で、4―12月期では530億円となった。これまでの累計では1872億円に上る。

会見した宮永俊一社長は、大型客船事業について「十分な実力の見極めが不足していた」と反省し、「対策にはめどがつきつつある」と説明。度々延期している引き渡し時期は、1隻目が今年2月ごろ、2隻目が16年度中との見通しを示した。また、「まだ予断を許さない」とつつも、損失を最小限に抑え「予算内でやっていきたい」と述べた。

今期の売上高予想は4兆1000億円と従来の4兆2000億円から引き下げた。交通・輸送部門で納期のずれが発生して減少するため。営業利益予想は3000億円と従来の3200億円から減額した。姫路第2火力発電所関連の不具合対策費用の増加が響く。

一方、宮永社長は記者団に対し、仏原子力大手アレバの子会社で原子炉設計などを手掛けるアレバNPへの出資に関する仏政府などとの協議について、当初は2月にまとまる見込みだったが、「春にずれ込む感じがするが、夏にはかからないのではないか」と語った。

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT