個店主義で急成長する外食チェーン、ダイヤモンドダイニングを支える”チームファンタジー”


 昨秋、東京・新橋に開業した土佐料理「竜馬が如く」。

高知県出身の松村社長は、かねて東京で土佐料理をと考えていた。そこでこの開店準備では松村社長自らチームファンタジーを率い、高知県の食材生産業者を回った。店員のユニフォームは、土佐の「よさこい祭」の衣装を作るメーカーに依頼。メイン料理の鰹(かつお)のたたきは、藁(わら)で焼く本場スタイルを導入した。藁に火をつけると、1メートル超はあろうかという火柱が上がり、鰹のうま味を一瞬で閉じ込める。これらの工夫は、高知を体感したからこそ生まれたものだ。

とはいえ、1店ごとにこだわりを追求すれば、それだけコストが膨らみそうなもの。しかし、同社ではメニューは違えど、食材の8割を共通化、コスト管理を徹底する。

店の運営は可能なかぎり現場に任せる。たとえば急な雨で客足が悪くなっても、その場でお勧めメニューを考案するなどの工夫を凝らし、廃棄ロスを削減する。昨年は食材高騰もあったが、同社の原価率は前期比0・4ポイント低下した。

社員一人ひとり自らに創意工夫を求める社風は、3年前から始めた新卒採用にも表れている。面接の際には新店の企画をプレゼンテーションさせるのだ。今後はそうした新入社員が同社を支えることになる。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング