現金下取りセールが好調、ヨーカ堂が作り出した「買うきっかけ」


 消費者はタンス在庫を多く抱える。下取りは、消費者に買うきっかけを与えたのだ。中には買い替えを促した商品もあり、第4弾でフライパンを下取り対象に加えたところ、同商品の売上高が約6割も伸びた。

もう一つのポイントは、クーポンなどではなく「現金」で下取りを行ったことだ。ヨーカ堂では下取りの際、現金を「大入り袋」に入れて手渡す。クーポンはその店でしか使えないが、現金ならばその使い道は完全に消費者側。そこまで消費者に委ねて初めてきっかけ作りができる。

回収した衣料品は断熱材やクッションのスポンジに、プラスチック商品はチップ状に粉砕し再利用される。一部廃棄品もあるが、新品同様の衣料はNPO法人を通じて途上国支援に回される。従来から取引のある業者に委託しており、下取りが100万点に及んだ第6弾での回収コストも1000万円以下に抑えた。

下取りにより客数が増加、食品の売り上げも伸びた。同社の既存店売上高は苦戦が続いていたが、3月には並行したキャッシュバックセールの後押しもあり、2%増に浮上した。

客からは下取りカウンター常設の要望すら持ち上がっている。顧客心理を巧みに突いた下取りセールの好調は、もうしばらく続きそうだ。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT